SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事とか科学とか

労働問題や面白い科学の話題について書き綴ります

宇宙エレベーターこそ「宇宙世紀」への扉を開くテクノロジーだ!

最初に宇宙エレベーターを知ったのは、数年前に書店をブラついている時でした。それまでは全く知らなかったので、物凄い衝撃を受けたのを覚えています。

最近のガンダムでは宇宙エレベーターが描写されているそうで、一般にも認知されてきているんですね。

宇宙エレベーターがもし実現したら、地球ー宇宙間の物資輸送コストが大幅に下がりますので、まさに宇宙開発の革命が起こるでしょう。宇宙エレベーターが運用開始した年が、まさに「宇宙世紀元年」になるのだと思います。

果たして、宇宙世紀は本当にやって来るのでしょうか?

 

 

宇宙エレベーターとは?

宇宙エレベーターを簡単に説明すると「地球から宇宙までケーブルを引き、そのケーブルを伝って地球と宇宙を行ったり来たりできる乗り物」です。

図にすると、こんな感じ↓

ワードのオートシェイプで描いたのでイマイチですが(笑)

f:id:geogeokun:20160909205750p:plain

 

宇宙側に「おもり」をつけることにより、地球がケーブルを引っ張る力に対抗して全体としてバランスを保つのですね。そして地球の赤道海上に「ターミナル」、静止軌道*1上に「静止軌道ステーション」を設けて、これらを「駅」として両者を行ったり来たりします。

 

宇宙エレベーターのメリットは?

宇宙エレベーターのメリットは、ズバリ「安全」「低コスト」です。

ロケットは地球の引力を振り切るために、燃料を一気に爆発させて上昇する必要があります。近年では技術が向上したとは言え、最近でも爆発事故がありましたよね。ロケットが地球の大気圏から脱するのに大きなエネルギーを要するので、大量の燃料も一緒に積み込む必要があります。イヤ、割合で言えば、ほぼ燃料がメインと言っても過言ではないほど。人間や積み荷は最小限にとどめる必要があるので、費用対効果の意味では物凄く不利になります。

一方、宇宙エレベーターの場合は、ケーブルに沿って一定の速さで登れば良いので必要なエネルギーは何とロケットの1万分の1で済むようです。しかも必要なエネルギー(電力)はケーブルから供給することができるので、燃料を積み込む必要はありません。その分、多くの人間や物資を運搬することが可能となります。

地球と宇宙間での物資の移動が低コストで済むとなると、人工衛星は打ち上げるのではなく宇宙で組み立てることもできるでしょうし、例えば月で採掘した資源を地球に持ち込むこともできます。

またこれまで、地球の大気圏から出るためだけに多大なコストを要していた訳ですが、宇宙エレベーターによってそれが激減します。そうすれば、その先・・例えば月や火星等の天体に探査機を送り込むコストに余裕が生まれます

つまり宇宙エレベーターが 実現すれば、一気に宇宙の垣根が低くなり、地球人類が「宇宙世紀」への扉を開くことになりそうです!

 

f:id:geogeokun:20160910120705j:plain

 

でも、実現するの?

そう、これが一番の問題です。 これまでもSFの世界では夢のようなテクノロジーのアイデアが様々生み出されていますが実現不可能なものが大多数ですし・・。

でも御安心下さい!

宇宙エレベーター理論上は可能だそうです!!

そして実現するための技術上の課題もハッキリしていて、ズバリ、「ケーブルの素材」だそうです。何せ宇宙空間まで続くケーブルです。特に「静止軌道」と地球の間のケーブルは地球の引力に引っ張られるため、普通の素材では「自重で引きちぎれる」そうです。

そこで白羽の矢を立てられているのが「カーボンナノチューブ」です。カーボンナノチューブは軽くて頑丈な素材なので、計算上では地球の引力に耐えられるそうです。 課題は「つなぎかた」です。現在の技術では長いカーボンナノチューブをつくることはできず、また宇宙まで達する長さなら、どのみち「つなげる」必要があります。カーボンナノチューブそのものが強いとしても、つなぎ目が弱ければ意味がありません。

つまり、カーボンナノチューブの頑丈なつなぎ方

この技術が生み出されれば、宇宙エレベーターの 実現は一気に進みそうです!

 

まとめ

まさに夢のテクノロジーとも言える「宇宙エレベーター」。実現できれば一気に世界が変わるでしょう。建設費用や国際的な問題、安全保障など課題はありますが、現在、「国際宇宙航行アカデミー*2」という機関で検討が進められているとのこと。

そして何と!日本の大手ゼネコンの大林組は、宇宙エレベーターの実現へ向けた研究チームを立ち上げ、活動中だそうです!!!

 

www.obayashi.co.jp

 

目標は2050年完成!頑張ってほしいです。私も頑張って長生きします!

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらをお読みください!かなり分かりやすく書かれてますので、おススメです!

 

 

よろしければ、こちらもドウゾ

 

geogeokun.hatenablog.com

 

geogeokun.hatenablog.com

 

 

もし、なるほど!と思って頂けたら、読者ボタンを押して貰えると嬉しいです(^^)