SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事とか科学とか

労働問題や面白い科学の話題について書き綴ります

大好きな彼女をグッと引き寄せる??一緒に見てみたい星ベスト3

科学

もうすぐ七夕ですね。この時期はどうしても、なかなか晴れないため、織姫・彦星を見られないことが多いですよね。

ちなみに、天の川を挟んで輝いている織姫と彦星は、それぞれ「夏の大三角」の一部となるベガとアルタイルという星です。小学校で教わる夏の大三角は、このベガとアルタイルとデネブの3つで構成されています。

この3つの星は、それぞれ「ベガ:こと座」「アルタイル:わし座」「デネブ:はくちょう座」で、星空の中でもひときわ輝く綺麗な星です。

 

あの娘をキュンとさせる?私からの提案

星空を眺めていると、いつも思い浮かぶことがあります。あの星々は非常に遠い距離にあり、光が何年もかかって地球にやってきている・・・と感慨深くなります。

そして私が高校生の頃、図鑑を見ていてふと考えました。

「あれ?アルタイルって、約17光年の距離にあるのか!ってことは、もうすぐ17歳の誕生日だけど、その時にアルタイルを見れば、自分が生まれた年の光が見えるな!」

と・・・。

その晩は運良く晴れてくれたので「自分が生まれたときの光」を無事に見ることができ、ちょっと感動したことを覚えています。

 

そこで、私からの提案です!

気になる女性と、もう少し距離を縮めたい!と思っている、そこのあなた!

彼女の誕生日の夜に「星を見に行こう!」と誘ってみませんか?

(※誕生日の夜に会うだけでも、かなり仲が良くなっていないと厳しいですが・・)

「あれが、君が生まれたときの光だよ」と、たまには格好つけてみるのも良いではありませんか(笑)

 

f:id:geogeokun:20160705095511j:plain

 

お勧めの星ベスト3

お勧めと言うか「丁度良い距離にある星」ってことになりますが・・・

①アルタイル:わし座

上でも紹介したアルタイル。約17光年にあるので、高校生にはピッタリの星です。しかも「彦星」ですので、七夕の話を絡めてみるのもオツですね。

②ベガ:こと座

織姫星」です。約25光年なので、同僚のあの人に声をかけてみてはいかがでしょう?

毎日仕事で疲れているだけに、感動してくれるかも知れませんよ。

③カペラ:御者座

黄色く輝く綺麗な星で、約43光年の距離です。たまには奥さんに「星を見に行こうか?」と誘ってビックリさせるのも良いかもしれませんね。

 

おわりに

他にも、ふたご座のカストルは約50光年、ポルックスは約34光年。

でもオリオン座のベテルギウスのように、約640光年という、とんでもない遠い星もあるので注意が必要です。「室町時代の光だね~」などと言ってドン引きされないように(笑)

それと、星は季節によって見える時間帯が違います。季節によっては夜の時間帯には全く見えない場合もあります。見る前には事前に「星座盤」を使って調べておきましょう。 

 

もし、なるほど!と思って頂けたら、読者ボタンを押して貰えると嬉しいです(^^)