SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事とか科学とか

労働問題や面白い科学の話題について書き綴ります

「満員電車のリュックは迷惑」と言う思想は「忙しいのに休むなんて迷惑」に似ている

満員電車でリュックサックを背負っているのは迷惑・・・。確かに気持ちは分かるけども、何ともモヤモヤした気持ちが残る記事だ。

 

news.nicovideo.jp

 

実は私も似たような経験を持っている。とは言っても、「被害者」ではなく「加害者」の方で(苦笑)

あれはだいぶ昔の事、仕事で山梨県に長期出張しなければならない時があった。本来であれば荷物はまとめて段ボールに詰めて送りたいところだが、諸事情によりどうしても着替えや日用品は持参しなければならなかった。リュックサックではなく、スポーツバッグを肩にかけて出かけることにした。「重いし邪魔になるし、周囲にも迷惑だよなぁ」と思いながらの道中。行きはまだ良かったが、帰りが大変だったことを覚えている。

今思い出しても、やはり山梨から東京経由で移動するのは本当に大変だ。何せ、特急(あの有名な「あずさ号」)に乗って、その終点が「新宿」だからだ。出張から帰るのは金曜日。なるべく早い時間に帰りたかったが、仕事の都合で、確か新宿に着いたのが22時くらいだったと思う。最悪だった。

週末だから「新宿で一杯飲んでから帰る」風のサラリーマンが大量にいる。予想はしていた。だからなるべく早く帰りたかったのだ。長期出張で心身ともにクタクタな上に、2時間近く特急に乗った後の満員電車は、また格別である。そして鋭く突き刺さる冷たい視線。

「分かってます!分かってますよ!このスポーツバッグが邪魔なんでしょ?!迷惑なのは分かってるけど、しょうがないじゃないすか!」

と心の中で叫んだ(笑)

 

このことを思い出して、冒頭に紹介した記事を読んでのモヤモヤ感の正体が自分の中で明らかになった。確かに、満員電車で大きな荷物を持っていたら邪魔になる。記事では「背中側だと本人の視界から外れるから不注意になる」と言うが、満員電車の中で、いくら注意したところで状況は変わらない。リュックサックを前にまわしたところで、やはりリュックの体積の分は「がさばる」と言う事実は変わらない。

私もできればスポーツバッグを網棚に載せたかった。だけども、身動きもとれないような満員電車で、網棚の近くへ行くことすらできない。

 

そもそも、リュクサックだってスポーツバッグだって、そこら辺の店で普通に売っているものだ。普通の場所で使っている分には誰の迷惑にもならない

そう考えると、私の中では「そもそも、あそこまでクレイジーなくらいにギュウギュウ詰めで電車に乗ることがおかしいのではないか?」と思えてならないのだ。

私はもともと東京の人間ではないので、満員電車に乗るたびに驚かされる。普通に考えたら誰がどう見たって満員で入れないと見える状態でも、躊躇せずに身体を押し込んで強引に乗り込む人々・・・。みんなギュウギュウに押しつぶされ、普段は「パーソナルスペース」とか気取ってるくせに、知らない人間と身体と身体を密着させる・・・。

こっちの方が、どう考えてもおかしいのではないだろうか?

非難すべきは、リュックサックを背負っている人間ではない。

まるで人間扱いしていないかのようなギュウギュウ詰めの満員電車に人々を乗せる、鉄道会社であり、この日本社会の方がおかしいのではないか?

 

f:id:geogeokun:20161120220507p:plain

 

やはり日本人が「従順で真面目」だからだろうか?

「おかしな世の中」に文句も言わずに順応し、逆に「順応できない人間」を非難する

 

これは、仕事にも当てはまるのではないか?

みんな体調が悪くても休むことができないような忙しい職場。でも給料も安いし残業代も出ないし、ボーナスも雀の涙。そのような会社で一生懸命働いて、その様な中、同僚が風邪で休むと「風邪くらいで休むなんて迷惑だ!」と怒る同僚。

ヒドイ職場では、親の命日すら休めないし、産休・育休を迷惑がる職場もまだまだ多い。

 

これも逆に考えてみよう。

体調が悪ければ休む。子供を産み育てる。

これは人間にとって当たり前のことなのではないか?

リュックサックやスポーツバッグで移動するのだって、人間にとっては普通の行動だ。毒ガスをまき散らしたり、ナイフを持って暴れると言ったような、誰もが迷惑を被るような非社会的な行動ではない。

ただ1つ「満員電車では邪魔になる」ただそれだけなのだ。その電車を降り、外に出てしまえば、誰も彼を迷惑だとは思わない。

であれば、満員電車の方を変えるべきなのではないだろうか?

職場もそれと同じこと。

ろくに休むこともできないくらい忙しいのに、残業代もボーナスも出ない職場。それは、もともとの経営がおかしいのではないか?無理しても儲からないってことは、根本的に何かがおかしいのではないか?

ちなみに、私が所属する部署は赤字になるほど仕事が少ないのに、みんな定時で帰れないし、積極的に有給休暇をとらない。みんないつも忙しそうにしている。

これって物凄くおかしなことだと、私は思う。

何かが間違っている。仕事に対する顧客からの報酬が少ないか、会社内部で不要なコストがあるか、無駄な仕事をしているか。だいたい、この3つではなかろうか?

 

満員電車でリュックサック・・・。確かに、少しは気を使って欲しいと言う意見は正しい。ただ私たちが見落としてはいけないのは、満員電車と言う現状に合わせることだけでなく、「満員電車」そのものを問題視して、その解決を考えることの重要性だ。

 

会社も然り。風邪をひいて休む同僚を責めるよりも、「風邪をひいても休めないくらい忙しいくせに給料が安い会社の経営」に問題があるのではないか?と考えるのが重要なのではないか?

少なくとも私の場合は、私が所属する会社の経営を問題視している。その問題解決へ向け、自分なりに何ができるか?を模索する毎日である。

 

満員電車のリュックサックを迷惑がる前に、「満員電車の改善」を考えるような日本になって欲しいものだと切に思う。

 

 

もし、なるほど!と思って頂けたら、読者ボタンを押して貰えると嬉しいです(^^)