SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事とか科学とか

労働問題や面白い科学の話題について書き綴ります

一番現実的なテラフォーミング!~火星地球化計画~

みなさんは「テラフォーミング」と言う言葉を御存じでしょうか?

世界的に増え続ける人口、それによって懸念される食料・水・資源の枯渇問題。その打開策として考えられているのが「他の惑星への移住」です。

機動戦士ガンダム」ではスペースコロニーが数多くつくられ、また月に大きな地下施設をつくったり(グラナダ)、小惑星をくり貫いて中に基地をつくったり(ルナツーア・バオア・クーアクシズなど)して、そこに多くの人々が移り住んでいます。

現実の話でも、今ではアメリカ、ロシア、日本、カナダ、欧州宇宙機関で共同運用している国際宇宙ステーションがあります。国際宇宙ステーション - Wikipedia

国際宇宙ステーションが現実に存在することを考えると、スペースコロニーは実用化しそうな感じはします。しかし、その問題は「結局、資源(食料や水)は地球に頼ることになる」ことです。

やっぱり、1つの星が丸ごと住めるようになる方が、人口増加問題を解決するには良い方法だと思います。

f:id:geogeokun:20160717130933j:plain

国際宇宙ステーションISS

 

テラフォーミングとは?

しかし人類はまだ、月にしか到達したことがありません。おそらく将来的には月に基地を建設することにはなりそうですが、月をまるごと住めるような状態にはできないでしょう。

なぜなら現状の月では、あまりにも地球とは環境が違い過ぎるからです。

惑星を改造すると言う壮大な計画を実現するにあたり、我々人類には、まだまだそこまでの科学技術はありません。であれば、なるべく地球に近い星を地球のように創りかえる方が、より現実的ですよね。

そこで白羽の矢を立てられているのが「火星」です。

テラフォーミングとは、「他の星(地球のように岩石でできている星)の環境を地球そっくりにつくりかえること」です。

宇宙開発を考えた場合、地球人にとっての当面の目標は「火星をテラフォーミングすること」であろうかと考えられます。

あ、ちなみに今流行っている週間ヤングジャンプの漫画であるテラフォーマーズはまさに、この言葉に由来しています。物語は火星を地球のような環境にするために、火星へ「苔とゴキブリ」を送り込んだ事から始まっています。一応、引用したので商品紹介をば・・・。

火星ってどんな星?

では火星はどんな星なのでしょうか?

太陽系第4惑星で、地球より1つ外側を回っている星です。直径は地球の半分で、表面積は1/4です。しかしそれは地球の陸地の面積とほぼ同じです。重力は地球の40%で大気も薄く、気圧は地球の1/100程度で気温もマイナス50度ととても寒い。現状では宇宙服なしでは、まず生きられません。

しかし火星ではかつて、「液体の水が存在していた」と言う事は分かっています。そして現在では北極に「極冠」と呼ばれる「水の氷」があることは知られています。

f:id:geogeokun:20160717132941j:plain

 

探査機オポチュニティーの活躍

そして今は実際に探査バギーが送り込まれ、火星上を縦横無尽に走り回り、様々な調査が行われています。初代は「オポチュニティー」で、今は「キュリオシティー」が活躍しています。

探査バギーの火星風景画像を始めて見た時、もう「うおおおお!」と叫んじゃいました(笑)

f:id:geogeokun:20160717135645j:plain

NASAの画像

これを見ると、植物が無いだけで、まるで地球のどこかの風景の様です。

実際、探査機の調査によって、火星にかつて液体の水があったことが判明しています。

この様な画像を見ると、確かに住めそうな感じはしますね。

 

火星地球化計画

人類が火星に住むには、何が足りないのか?と言えば「気圧と気温」です。どうにかして今よりも二酸化炭素の濃度を高くして、気圧を上昇させれば、気温も上昇します。気温が上がれば地下に眠っている氷が融けて水が出ます。そうなれば、例えば地球から高山植物でも持って行って植えれば、育ってくれる可能性が高まります。

植物の呼吸によって酸素が放出されますし、その濃度が高まれば、人間も宇宙服なしで暮らせる可能性が高まります。

火星をテラフォーミングするにはどうするか?について、もし興味がありましたら、是非、竹内薫著作の「火星地球化計画」を読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

もし、なるほど!と思って頂けたら、読者ボタンを押して貰えると嬉しいです(^^)